脂肪は医療機関で除去しよう

お腹やお尻についた脂肪がなくなればいいのに、と思ったことがある人も多いでしょう。運動と食事制限のダイエットは辛く、また年齢と共に代謝が衰えてしまうので、落とすのが大変になってしまいます。しかし、脂肪は今や医療で除去する時代となっているんですよ。美容整形外科では脂肪溶解注射を使って、運動も食事制限もする事なく気になる脂肪を減らす事ができます。しかし、まだ脂肪溶解注射ついて知らない人も多いですよね。知識を得る事ができれば、安心して利用できるようになるでしょう。

脂肪溶解注射の成分とは?

脂肪を溶かす、となると、強力な薬が使われると思ってしまいますよね。脂肪溶解注射の主成分は、大豆から抽出されるアミノ酸の一種です。身体の中に入っても、しっかりと分解されるので残ってしまう心配はないんですよ。他にもいくつかの成分が配合されていますが、身体に負担をかけたり、悪い影響を与えてしまう成分は含まれていないので安全です。脂肪が気になる箇所に注射すると、配合されている成分が脂肪細胞を溶かし、減少させる事ができます。

本当に効果があるの?

脂肪溶解注射は、注射するだけで脂肪細胞を減少することができる痩身治療です。しかしそれだけで本当に効果がでるのか、心配になってしまいますよね。脂肪の量が多い、セルライトが固くなっているなど、その人の状態によっては1回で効果を実感できない場合もあります。2回3回と注射することによって、頑固な脂肪やセルライトを溶かせるようになるのです。医師とカウンセリングや診察を行った際に、自分はどれくらいの回数が必要なのか、しっかりと確認しましょう。

ダイエットをしているのにスリムなプロポーションを実現することができない場合には、脂肪溶解注射がおすすめです。まずはカウンセリングを行って、施術に対する不安を取り除きましょう。

肥満治療はこちら
BNLSの詳細