結婚式のときは、どんなネイルをするのがいい?!

親族はネイルをしないのがマナー。

最近では、ネイルを日常的に楽しむ女性が増えてきています。しかし、結婚式を含む、冠婚葬祭などのシーンではマナーを守るようにしましょう。特に、若い世代の人は、ネイルのマナーに対してあまり関心がない人も多く、マナー違反をしがちですので、注意が必要です。結婚式の場合、親族はネイルをしない、というのがマナーになっています。親族は、結婚式に呼ばれたゲストではなく、結婚式に招待した側となっています。その為、服装も派手なものは控え、ネイルもしないようにしましょう。

結婚式にお呼ばれした場合のネイルって?

結婚式にお呼ばれした際は、ネイルをして行っても構いません。ただし、この際もいくつかの注意点があります。派手で目立つようなデザインのものをしないこと、ブラックやネイビーなどの暗い色を使わないこと、ラインストーンなどを使いすぎないことです。結婚式での主役は花嫁です。その花嫁さんよりも目立つようなネイルは避けるようにしましょう。また、ブラックなどの暗い色は、お祝いの席に不似合いのカラーです。どうしても使いたい場合はワンポイントとして使うのがオススメです。

花嫁さんにオススメのネイル。

花嫁さんにオススメなネイルは、やはりウエディングドレスに似合う白やピンクなどの淡い色をベースにしたネイルです。フレンチやグラデーションなどのシンプルで清潔さのでるデザインに、ワンポイントでラメやパールなどを乗せるのがよいのではないでしょうか。お色直しがある場合でも、ネイルまでは変えることができないので、お色直し後のドレスにも合うようなカラーやデザインにしておくと良いですね。主役は花嫁さんですが、あくまでシンプルなネイルをつけるのがマナーです。派手なデザインは控えるようにしてくださいね。

ネイリストとは、つめにマニュキアをしたり、形を整え、飾りをつけたりなどデザインをする人のことをいいます。

ネイルスクールなら東京の関連記事
loading
×