ニキビ跡の治療は色合いに注意!自然な肌を作り上げましょう

ホワイトニングクリームの扱いに気を付ける

ニキビ跡が小さくなりつつあるけれど、シミのような色合いの変化が残ってしまい、それがコンプレックスになっている人も珍しくありません。その色合いを早いうちに元通りにしたいからといって、焦ってホワイトニングクリームを使いすぎないように注意をしましょう。ニキビ跡の色合いの変化というのは、少しのケアで元通りになってくれる事も多いです。しかしホワイトニングをやりすぎてしまうと、ニキビ跡が消えると肌が白くなりすぎたと感じる場合もあるので注意してください。

ニキビが同じ部位にできないように気を付ける

ニキビができやすい事に悩んでいる人は、そのニキビが同じ場所にばかり再発していないか確かめてみてください。もしニキビが同じ部位にできているようであれば、毛穴の奥深くでアクネ菌などが増え続けている可能性もあります。ただ皮膚の表面を洗っているだけでは、毛穴の奥まで綺麗にできないので気を付けましょう。クリニックなどできちんとしたケアを受けなければ、毛穴に汚れが残り続けてしまう事も珍しくありませんから注意してください。

洗顔方法に気を付けるだけでも違いは出る

ニキビができてしまった後には、強い力で顔面を洗っておいた方が、毛穴の汚れも落としやすいと勘違いしている人も少なくありません。しかし実際には強い力で顔を洗っていると、その圧力で毛穴が潰れた状態になってしまい、毛穴に洗顔ソープなどの泡が入り込みにくくなります。ニキビ対策となる洗顔方法を実践したいのであれば、まずは顔面を優しく洗う事から始めてみましょう。それだけでニキビが早く治ってくれる可能性もありますよ。

ニキビ跡は一度形成されると自然に消えることは無いので、傷跡を消すためには病院で治療を受ける必要があります。また、日頃から肌に潤いを与え、過度な刺激を避けることが傷跡を目立たなくさせるための工夫です。

loading
×